Pocket

会社設立会社設立代行サービスを謳う、専門業者や有国家資格者が、右肩上がりでその数を増やしている近況は、全ての起業を目指す方々、あるいは最近起業された方々であれば、既にご存じなのではないでしょうか。新たにスタートを切る現場の構築と、複雑かつ定められた手順を踏まねばならない、会社登記に必要な事務処理の同時進行は、新たに組織の代表となる起業家にとっては大きな負担となってしまいます。冷静に優先順位を見定め、必要な費用を負担したとしても、然るべき第三者に委ねた方が、総合的に大きなメリットが得られると判断される場面は少なくありません。

依頼先の選択肢としては、こうしたサービスを専門と謳う業者、そして国家資格を有する会計士などが候補に挙がる事もありますが、税理士への相談からの依頼を推薦する方が多くなっています。税理士イコール税金対策のプロフェッショナルといったイメージが先行しがちですが、法人の節税対策など、会社経営にも深い専門知識と経験を持つ人材として、新たな法人組織の設立段階から相互信頼関係を築いておくメリットは見過ごせないのではないでしょうか。

ここでは会社設立という作業と税理士という存在に着目し、税理士の会社設立代行サービスを選択するメリットや、会社登記完了後に期待できる、プラスアルファについても検証します。幾つかの選択肢を比較検討しながら、よりスムーズに会社登記完了をして事業のスタートに繋げていきましょう。